借金の返済方法のいろいろ

返済方法は、一括返済、分割返済、リボ返済の3種類が主になっています。一括返済は返済期日までに借りたお金全額とその日までの利息を一括で返済することです。分割返済はあらかじめ決めた回数で割った金額に利息を上乗せして支払う方法です。

月々の返済額が抑えられますが、返済期間が長くなるとそれだけ利息も増えていくのがデメリットになります。そしてリボ払いですが、これは借入金額に関わらず、毎月一定の額を返済していく方法です。返済額が一定なので返済プランが立てやすいのですが、元金がなかなか減らないので返済が長期化するのがデメリットです。

利息は借りている間ずっとかかりますので、返済方法の違いをしっかり理解しておきましょう。

返済の時の利息はどう取り扱われるか

返済方法には、「元利均等方式」と「元金均等方式」の二つがあります。元利均等方式というのは、毎月2万円ずつ返済するとして、元金+利息で2万円にする方式です。毎月一定の支払い額なので管理はしやすいですが、最初の返済はほとんどが利息なので元金が減りにくいのが特徴と言えます。

リボ払いはこの方法で返済していくものです。元金均等方式というのは、毎月2万円なら2万円を元金返済と固定し、これに期間に応じた利息がプラスされていきます。最初は返済額が多くなりますが、元金が減れば利息も減るので、徐々に返済額は少なくなっていくでしょう。利息をできるだけ払いたくない場合は元金均等方式がおすすめですが、住宅ローンなど長期に渡って計画的に返済したいものは、元利均等方式の方が管理しやすいとされています。