もし借りたお金が返済できなくなったら?

理由があってお金を借りることは悪いことではありません。ただ、返済計画を立てていても、何らかの事情により返済が難しくなるということもあるでしょう。その際、別のところからお金を借りて返済することは避けなければなりません。もし返済が厳しくなってきたらまず相談することが大切です。

銀行や大手の消費者金融から借りているお金であれば、返済が厳しくなったことを正直に伝え、相談しましょう。返済日に返せない、遅れてしまいそうだからと逃げていては一向に解決しないのです。支払えないと言ったらいきなり差押えされるということはありませんし、家中の財産を持って行かれることもありません。

借金の整理の方法はいろいろあります

借金の整理方法は一つだけではありません。業者と話し合って解決する方法もありますし、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産があります。任意整理とは、債権者と債務者が話し合って返済方法や毎月の返済額などについて交渉をします。これなら返済できるという形で合意するのが目的です。

交渉は個人ですることもできますが、司法書士や弁護士など、専門家に依頼することも可能です。個人再生は「再生計画案」を作成し、これからの収入で可能な返済計画を作ります。これが認められれば残りの債務は免除され、マイホームを手放すこともありません。再生計画案は、司法書士や弁護士に依頼した方が良いでしょう。

特定調停は裁判所が間に入って債権者と債務者が条件の変更なども含めて話し合いをするものです。破産せずに返済を少なくすることができます。自己破産は借金の整理方法の最終手段と言えるものです。裁判所から破産宣告を受けて破産者となれば借金を免除されます。しかし、少しの財産以外、すべてを失うことになります。